医療機器・医薬品・福祉用具・開業支援のGROWBER

東北6県、仙台市の整骨院開業なら実績ナンバーワンのグローバーへ

微弱電流機器 ソーマダイン・アクシー

掲載日:2015.09.27 /  / 
人間の細胞内のエネルギー源のほとんどは、アデノシン三燐酸(ATP)という物質によって供給されています。
例えば、人は一日に体重と同じ量のアデノシン三燐酸(ATP)を合成し、消費しています。

何らかの原因で細胞が損傷を受ける(怪我をする)と、その部分の組織からのアデノシン三燐酸(ATP)の要求度が急激に高まり、生成が追いつかない不足した状態になってしまいます。
生体の細胞組織が損傷した状態です。
(細胞が壊死し腫れや炎症を発症)

そうすると人間の体は自然治癒能力が働き、正常組織から微弱な電流が流れ自己修復していきます。
その微弱な電流を「ソーマダイン」は人工的に作りだします。

「ソーマダイン」微弱電流は特殊な交流の脈波(周波数変調多重周波)でアデノシン三燐酸(ATP)合成、アミノ酸輸送及び蛋白質合成の増大をもたらすイオンチャンネル電流を増大させ、損傷部分の治癒を促す電流の作用をずっと効果的にします。

ソーマダインの電気パルスは、ほとんど感じられないような微弱なものですが、フィードバック回路によって励起された全く新しいパターンとなっており、
これによって生命エネルギーが高まり脳の生命中枢を活性化するのです。
この作用は開発者のザニエル博士の「共鳴の場の理論」に基づいたシステムにより病的な場(細胞の電磁、重力、静電場のベクトル)を正常な場にすることで、脳波の安定や東洋医学でいう気の流れの促進化をも可能にしているのです。
使用例粘着使用例Y型

生体の細胞組織が損傷する(けが・病気)と、正常組織から微弱な電流が流れ自己修復していきます。その微弱な電流をソーマダインは人工的に作り出します。
身体にソーマダインを流すことにより体内の細胞のイオンバランスが整い、細胞が修復され、痛みが和らぎ生き生きとしてきます。

ソーマダイン微弱電流は先生の手技を邪魔することなく治療の相乗効果を狙うことができます。
治療の時に患者さま側からだけの意見にとらわれすぎると治療感覚が無いため判断が付かなくなる可能性があります。

治療前と治療後の変化、および可動域の改善の確認をしてください。

確認することによりご自分の治療、ソーマダイン治療の良さを患者さまに分かってもらうことができます。

そうすることで患者さまに納得して帰っていただくことができ新患獲得及びリピート率は飛躍的に上がります。

急性期の疾患にも対応できるので一度来院された患者さまは次もご自分の院に来ていただけます。
いまの時代はいかに最短の時間で最小の力をもってして最大の効果をだすということが必要になっています。
今までのやり方でいいのでしょうか?
何か新たな治療を探してみませんか?

使用例吸着 使用例パッド全身通電使用例